所有する楽しさがあるNikon New FM2

キャノンのEOS KISSが発売されて誰でも手軽にデジタル一眼レフを持てるようになってからすっかりとその魅力にはまってしまいました。
写真を撮る楽しさやレンズを収集する楽しさなども自分にとっては大きいですね。
収集する楽しさ、ものとして持っていると幸福感が得られるというのも面白いです。

そうなってくるとデジタルだけではなくてアナログにも行ってみたくなるんです。
名機と言われる沢山のカメラや名玉と言われるレンズ群がある世界です。

まずは昔憧れていたけれども学生でお金もなかったので手が出せなかったカメラを手に入れることにしました。
とてもスタンダードでカメラ学校の学生たちが入学時に手に入れるようなカメラです。
その名もNikonのNew FM2です。もちろん入手は中古です。

いわゆるマニュアル機でスタンダードゆえに露出の考え方や被写界深度のとらえ方、ピント合わせの基本などが学べます。
露出計は内蔵しており使うのは容易です。
電池がなくてもシャッターが切れるために寒いところなどで問題があっても使えるというので希少性があった類のカメラでもあったはずです。
シャッタースピードに4000があるのも嬉しいですね。自分で全て選択して撮る喜び。所有しても楽しい。撮っても楽しい。素敵なカメラですね。