初めてのフイルム一眼レフ

デジタル一眼も魅力的だが、やはりフイルムは写真を多少かじっている者であれば一度は惹かれる存在であろう。
私もそのなかの一人で、新しくPENTAXのデジイチを購入した際、同じレンズが使用できるPENTAXのEZ-50も手に取ってしまった。
決して名機とも言えない機種ではあるが、やはりフイルム独特のこのノスタルジックな雰囲気は最新のデジイチでも出す事は難しい。

中古で多少傷もあり汚れもあるが、なんら問題なく動いてくれる。むしろ中古であることがフイルムカメラの価値を高めてくれるような気さえしてくる。
外出するときはデジイチとこの中古のフイルム一眼を一緒に持って行く。
少し重くなるが車なので問題はない。まずこれだという景色やものに出くわしたら、まずフイルム一眼で一枚撮ってからデジイチで何枚か構図や露出などを変えながら撮影する。
フイルムはファーストインプレッションを大事にしたくなるのでまず最初に手に取るのである。
出来上がりはまさに現像してからのお楽しみ。
今のところ満足している。
といっても満足しようがしまいが撮り直しが利かないので、そう思い込むようにしているのかもしれない。

とにかくフイルム写真は唯一無二、そしてこの中古のカメラも唯一無二・時間軸の中の一点がここには存在する。