eBayで中古カメラを落札しました

私はプロのフォトグラファーで、カメラはいろいろと持っていますが、1950年代のドイツのカメラ、バルダ・バルディナというカメラが欲しくて探していました。

ちょうどニューヨークに行っているときに、eBayで出品されていることを知って、入札することにしました。
中古カメラを買うのはそのときが初めてでしたので、どのようなコンディションのカメラなのかさっぱりわかりませんでしたが、写真を見る限り、コンディションは良さそうでした。

スーバーバルディナと言う名前のカメラはレンズが飛び出て来るようになっているカメラで、フィルムは35ミリサイズのフィルムを使って撮影します。 すべてマニュアルで、マニュアル式が好きな私にはたまらない魅力があるカメラです。

入札して私が落札したことを知って、出品者と連絡を取り合い、PayPalで支払うことにしました。
カメラを受け取ってみたら、思っていた以上にいい状態で、きれいに写真を撮ることが出来ました。

私はスーパーバルディナにはモノクロのフィルムを入れて、モノクロの写真を撮っています。今時の何もかもがオートマチックのカメラに比べると、深みがあって、味のある写真が撮れるので、大変気に入ってよく撮影しています。

 

名機と言われるカメラが手に入る

カメラ好きなので、中古カメラ屋さんによく通います。
コンパクトカメラは新品しか買わないのですが、一眼レフの場合は、新品と中古の両方を購入の候補にしています。

カコンパクトカメラの場合は、ホコリやチリが内部に入ったときには取り除くのが非常に難しいので、オーバーホールの修理をしたくなってしまいます。
もちろん、それを承知で買えば非常に安く買えますし、倍率を上げなければほぼホコリの影響は画像にはありません。

カそんな中で、一眼レフはカメラレンズを取りはずすことができるため、ホコリなどを撮像素子の上から自分の力で取り払うことができます。

カ一眼レフを購入する人は個人的な経験ではありますが、丁寧にカメラを扱う人が多いので、非常に状態のよいカメラが手に入る可能性が高いように思います。

カそして名機と呼ばれる一眼レフも中古市場では買うことができます。
私はNikonを使っているのですが、その中でもD40というカメラは、発色のよさと高感度性能の高さ、そして軽さが三位一体になった最高のカメラのひとつです。

カもう生産は終了しているので、新品で購入することはできませんが、中古カメラ屋さんではときどき見かけますので、すでに2台買っているほどです。
こうした、名機にも出会えるのが中古カメラのいいところです。